建物表題変更登記を自分で届ける(2)|佐賀で個人事業はじめました。

デザイン 個人事業 佐賀

佐賀で個人事業はじめました。 > [不動産]建物表題変更登記 > 建物表題変更登記を自分で届ける(2)

 ⊕ プロフィール

idesatomi

Author:idesatomi
1975年熊本生まれの福岡育ち
現在は佐賀在住
元職業訓練指導員 

 ⊕ カテゴリ

 ⊕ 最新の記事

建物表題変更登記を自分で届ける(2)

2012年08月14日(火)

これまで増築を繰り返してきた実家を、次は減築することになりました。
「トイレ」「浴室」のみが残った 『離れ』のような部分を残します。
建物表題変更登記が必要になります。
ネットで調べると解体業者の「解体証明書(印鑑証明、登記事項証明)」が必要とありましたが、領収書と解体計画図の添付で申請が通りました。上申書は特に書いていません。
管轄の法務局により対応が異なるかと思いますので、要確認です。
ちなみに、今回申請書を提出した法務局は 福岡法務局柳川支局です。

一部解体した場所に、平屋建てを新築する計画です。
将来、今回残した『離れ』部分とつなぎたいという計画でした。

しかし、ここで問題が出て来ました。
新築は「長期優良住宅」に申請し、5年間の固定資産税の減額の優遇が受けられるようになりました。

新築後すぐに増築し、『離れ』部分とつなげてしまうと、(『離れ』部分を耐震補強して、長期優良住宅の変更申請をし、認められないかぎり)その恩恵がなくなる事が判明しました(汗。

『離れ』は昭和62年頃に、近所の大工さんが建てた建物なので、積水ハウスが建てた「新築」とつないだ状態で「長期優良住宅」としてみとめられるように耐震補強をするとなると数百万はかかるであろうということです(構造計算書なども必要となるだろうと聞きました(汗 )。

そこまでお金をかけてまで、『母屋(新築部分)』と『離れ(残した部分)』つなぐメリットはないとのことで、減築時に1回「表題変更登記」、新築と増築後に1回「表題変更登記」の計2回で(しかも無料にて)完了するはずの登記申請計画が

新築の「建物表題登記」、「所有権保存(登録免許税必要)」
減築の「建物表題変更登記」
『母屋』と『離れ』を一つにする「建物合併登記(登録免許税必要)」 と4回行うことに計画が変更になりました。

新築の登録免許税減税の為の書類つくりに大牟田市役所へも足を運ぶ必要が出てきました。

とほほ。

『母屋』と『離れ』の「建物合併登記」(物理的に建物が離れている状態だが、登記簿を一つにする登記)は特に必要ないかと考えましたが、両親の希望があり、登録免許税1000円程度だということなのでついでに申請することにしました。
母は、「相続する時に筆ごとに司法書士さんへの支払いがかかった」と言っていました。たしかに過去の資料をみると土地が4筆あるので手数料が1筆にくらべ4倍ほどかかったように確認できましたが、建物については登記簿上複数あると司法書士さんへの手数料が余計にかかるかどうかは不確かな情報です。あしからず。

「建物表題変更登記(減築)」に必要な書類

所有者が申請する場合
・「住民票」
・「登記申請書」
・「解体の領収書」
・「各階図面/建物図面」
・「案内図」

今回の私の場合
・父の「住民票」
・「登記申請書」
・「委任状」(父から私への委任)
・「解体の領収書」
・「図面に解体する場所をペン書きした解体計画図」
・「各階図面/建物図面」
・「案内図(たまたまゼンリンの地図のコピーがあったのでそれをつかいました、GoogleMapでも差し支えはないようです)」
・「住民票のコピー」(原本還付請求「原本と相違ありません ○○なまえ○○」と書き、押印」)

今回もまた、提出後、修正(各階図面の数値が間違っていました)の為に一度法務局へ足を運びました。
現地調査も提出の翌日に行なってもらえ、登記は簡単に終わりました。

とにかく、分らない事は法務局に聞くということを今回も実感しました。
悩んでいろいろ時間をかけてネットで調べても、結局は受け付ける法務局さんがそれでいいといえばそれでいい、駄目といわれれば駄目なので・・・。

・「各階図面/建物図面」に押す印鑑と「登記申請書」の印鑑は違うものでもよい(「委任状」と「各階図面/建物図面」でもしかり印鑑が異なってもよい)
・建物の表示(欄)には、現在登記されている最後の情報と今回の変更を書けばよい
・減築の場合は「解体時の領収書」でもよい

(近いうちに申請書のPDFリンクを貼っておきます。)

スポンサードリンク


自分で登記をする会 司法書士や土地家屋調査士に依頼せずに二十歳の女子大生が自分で登記をして40万円を節約したら 2011-2012

中古価格
¥1,590から
(2012/8/14 15:01時点)


関連記事